神拝小学校日記

防災サミット・防災キャンプ

 7月31日の防災サミット、8月7日の防災キャンプに、6年生各クラス1名ずつの「防災リーダー」が参加しました。

 防災サミットでは、災害・防災についての知識を学習したり、他の学校の友達と共有したりしました。

たくさんの知識を得て、防災に対する意識が高まりました。

 防災キャンプでは、体験中心でたくさんの体験をしました。

①大雨・土砂災害体験

 

 土砂災害では、においや音から前触れを察知することができることを学びました。

②煙体験・初期消火体験

 

 火事が起きた時、煙を吸い込むと、のどを火傷してしまう。だから、直接吸い込まないように、ハンカチを濡らして鼻と口を覆うのか!

また、消火器の使い方。ホームセンターで売っているなら、家に置いておくと安心だな。

③避難シミュレーション

 

 自助・共助…自分の命を守るのは当たり前だけど、困っている人がいたら手を差し伸べられるようになりたい!

④災害ダイヤル「171」

 

 家の電話番号・家族の携帯番号を覚えておくことが重要。災害が起きる前に、体験しておくべき!

 毎月1日、防災週間の8月30日~9月5日など、体験できる日があります。

⑤ハザードマップからの学習

 

 神拝小校区は、真っ赤っ赤。南海トラフ大地震が起きた時の、最大深度は6強、液状化危険度は極めて危険…

地震が起きたとき、どこに避難すればいいのか、考えておかなくては…。

⑥昼食

 

 今日は、おいしくたくさん食べてお腹いっぱい…でも、本当に災害が起きたら…?

 1食で「救食カレー」だけかも?いや、1日に「救食コーンポタージュ」だけかも…。

と昼食中も、災害や防災について考えながら食べました。

 

 2学期には、防災学習をする予定です。この神拝小防災リーダーの4人が中心となって、6年生全体の学習を深めていきましょう!

 

自然の家 20

無事に二泊三日の活動を終えました。

子どもたちの頑張りを二学期につなげていこうと思います。

お疲れ様でした。

お弁当19

  自然の家で作っていただいたお弁当をみんなで食べました。この後は、いよいよ帰路につきます。今のところ予定通りに進んでいます。

村上水軍博物館

自然の家をあとにし、村上水軍博物館へと到着しました。

 

村上水軍(村上海賊)について、話を聞きました。

館内にあるスタンプラリーや問題を解くことを楽しみながら、村上水軍についての理解を深めました。

退家式17

  感謝の思いをしっかり伝えて、自然の家をあとにしました。

 

朝食16

  自然の家の中で食べるのはこれがラストです。今日の活動エネルギーを補充しました。

 

おはようございます15

 天候も回復し、気持ちのよい朝を迎えることができました。最終日もみんなで協力しながら頑張り抜きます!

 

キャンプファイヤー14

 みんなが楽しみにしていたキャンプファイヤーを行うことができました。火の神から感謝、奉仕、健康、友情の火をいただき、点火しました。その火を囲んで親睦を深めることができました。 

夕べのつどい13

  夕べのつどいは、室内で行いました。代表の児童が一日の学びやこれからの活動への意気込みを述べました。保健係を中心に体調の確認もしっかりできました。

夕食12

    夕食は、ハンバーグです。この後のつどいやキャンプファイヤーに向けてしっかり食べておきましょう。